一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件

大企業の「イノヴェイション」を単なるお題目としないために──ANAと日本オラクルが挑む、社会課題を知る旅「Journey+」の裏側

大企業の新規事業部門による「イノヴェイション」が実体を伴わないことも多いなか、推進力をもって事業に取り組むプレイヤーがいる。ANAと日本オラクルだ。そんな両者が共同で取り組むのが、事業継承問題やサスティナブルツーリズムを学ぶ旅「Journey+」。ANA考案のサーヴィスに対して、日本オラクルは「Autonomous Database」を通じたデータ分析を提供し、旅の新しい需要創出を狙う。

(写真左より)津田佳明(ANAホールディングス デジタル・デザイン・ラボ チーフ・ディレクター兼アバター準備室長)、七尾健太郎(日本オラクル Digital Transformation推進室 室長)

2019年6月、日本オラクルは「エンタープライズ」「共創・協業」「社会課題解決」「Emerging Technology(新興テクノロジー)」という4つの軸に基づいて企業のデータドリヴン・イノヴェイションを支援するべく、「Digital Transformation推進室」(以下、DX推進室)を設立した。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件DX推進室の数ある取り組みのひとつに、ANAが手がける新規事業「Journey+」との協業がある。大企業の新規事業部門による「イノヴェイション」が実体を伴わないことも多いなかで、日本オラクルとANAはなぜ推進力をもって事業に取り組めているのか──。ANAが2016年4月に創設した「デジタルデザインラボ」にてチーフ・ディレクター兼アバター準備室長を務める津田佳明と、日本オラクルのDX推進室の室長である七尾健太郎が、その展望をじっくり語り合った。

既存事業を「破壊」するイノヴェイションとは何か

──DX推進室とデジタルデザインラボ、どちらも大企業の新規事業部門という位置づけだと思います。まず、部署のことを説明いただけますか?

津田佳明(以下、津田):デジタルデザインラボは、将来的にわたしたちの事業を破壊するイノヴェイションは何か?を考えたことが設立のきっかけです。現在の航空事業は航空機を使って人やモノを空港から空港に運ぶビジネス。100年近く前は船舶でしたが、それが飛行機に取って代わられたわけです。そう考えると、わたしたちの事業が未来永劫このままということはありえない。そこでANAにとっての破壊的イノヴェイションとなる新しい輸送手段──ドローン、スペース、アヴァターの事業にいまから取り組んでしまおうと。

七尾健太郎|KENTARO NANAO
日本オラクル クラウド事業戦略統括Digital Transformation推進室長。中央大学大学院 総合政策研究科修士課程終了後、国内大手SIerにて医療営業や海外向けスマートフォン展開、フランス駐在、IoTビジネス企画等に従事し、2015年日本オラクル入社。公共部門営業等を経て、2019年6月から現職。

七尾健太郎(以下、七尾):いまのお話を伺ってオラクルにとっての破壊的イノヴェイションを考えたのですが、ひとつはデータの利活用にあると思います。データベースの事業は情報セキュリティが重要ですが、その一方で利用可能な匿名加工情報を活用したいユーザーも増えています。例えば、市民が都市でよりよい暮らしを送るためにデータを提供したり、健康のためにヘルスケアデータを活用したり。オラクルでは、マーケティングで活用できるデータサーヴィスも世界100カ国以上で展開しており、その情報をどう使うか、を今後は考えていく必要がありますね。

──デジタルデザインラボではその3つの領域のなかでも、人間のプレゼンスを移動させる「アヴァター」に注力していますよね。

津田:消費者向けにコミュニケーションアヴァターをローンチしたばかりです。アヴァターの領域を考えていくうちに大きな気づきがありました。年間で30数億人が飛行機に乗ると言われているのですが、ひとりで複数回利用する方を考慮に入れると、地球の全人口の6パーセントしか飛行機を使っていないことがわかったんです。身体的、経済的、地政学的などの理由から飛行機に乗れない人に対して、長距離移動の新しい方法となるのがアヴァターなんです。

七尾:一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件わたしたちの取り組みにも共通する部分があります。これまでデータベース事業は大企業が主な顧客だったのですが、スタートアップや地方の中小企業でもオラクルのデータベースを利用し始めているんです。

津田:一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件確かに「オラクル」と聞くと、プロジェクトに取り組むために何億円もの予算が必要だと思ってしまいますよね(笑)

七尾:でもクラウド型にもなったことで、半年間といった従量課金もしやすく、売上や組織規模がまだ小さいプロジェクトとも相性がいいんですよ。実は、わたしたちがDX推進室を立ち上げるときに参考にしたのが、ANAのデジタルデザインラボなんです。津田さんは、どのように組織運営をしているんですか?

津田佳明|YOSHIAKI TSUDA
一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件ANAホールディングス デジタル・デザイン・ラボ チーフ・ディレクター兼アバター準備室長。1992年に東京大学経済学部卒業後、ANAに入社し福岡支店に配属。97年に営業本部に異動し長きにわたりマーケティング業務を担当。2013年にANAホールディングスへ出向し経営企画課長。16年にイノベーション創出部隊としてデジタル・デザイン・ラボを設立。19年に遠隔操作型分身ロボットの社会実装を目指すアバター準備室を設立。

津田:一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件早稲田の入山(章栄)先生の言葉を借りると、「チャラ男」と「根回し親父」という人員配置になっています(笑)。わたしのチームにはテーマをもっている「チャラ男」がいて、それを実現できるようにわたしが根回しをするという。

七尾:わたしもその言葉に乗っかると、DX推進室も「チャラ男」をもっと増やしていきたい。ある領域を突き詰め、それを活かす場がほしいという想いをもった専門性の高いメンバーが集まっています。その上で、当事者性の高い課題やテーマをもっています。例えば、ご家族が認知症になったメンバーは、認知症の予知検知のアルゴリズム開発に従事しています。

津田さんと同じく、上司が仕事を与えるのではなく、その人のやりたいテーマを会社のあるべき姿に近づけるのがマネージャーの役割かなと。オラクルの得意領域としてデータベースやITという実現手段があるからこそ、そのインフラの上でいろんなことにチャレンジできるんですよね。

データドリヴンで、旅の需要を可視化

──今回協業している「Journey+」はどのような経緯で始まったサーヴィスなのでしょう。

津田:一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件日本は地方の人口減少が避けられないなかで、地方の路線維持は徐々に大変になってくると考えています。これまでに存在しなかった需要を新たにつくらなければ路線は存続できず、飛行機を小型化して最終的には撤退という負の循環に陥ります。そこで取り組んでいるのが、旅を通じた社会課題の解決を目指す「Journey+」です。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件例えば地方の事業継承を考える旅であったり、徳島県神山町にサステナブルツーリズムを学びに行く旅であったり……ほかにもサブスクリプション型の多拠点コリヴィングサーヴィス「ADDress」と協業し、「旅するように働く」生き方の支援もしています。旅のニーズが細分化した時代における新しい団体旅行のあり方を模索する、という側面もありますね。

七尾:根底にあるのは、旅にまつわる新しい需要の創出ですよね。津田さんに言われて印象的だったのは、「旅行」と「旅」は違うということ。旅行は観光客として地域に行き、その両者の関係性は変わりにくい。でも「旅」は地域のなかに入っていく行為でもあります。例えば事業継承の課題を知る旅であれば、事業づくりと旅が同じ目線で捉えられるから面白いですよね。その新しい領域にデータ分析という観点から貢献できると思ったんです。

──「Journey+」ではオラクルの「Autonomous Database」が使われているんですよね。

七尾:一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件そうです。津田さんのチームにはITの専門家がいるわけでもなく、インハウスでSEを抱えているわけでもありません。「Autonomous Database」のようにセキュリティの運用管理や性能改善を自動で行なってくれるデータベースこそ相性がいいと思ったんです。「Autonomous Database」でなければ、維持管理のための負担が増えてしまうことがありますから。

──オラクルは「データドリヴン」ビジネスを掲げていると思いますが、データ解析についてはいかがでしょう。

七尾:一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件どんな申込者がいるのか、どんな傾向があるのかを可視化するフェーズですね。最終的には、リピーターがどれくらいいるか、特定の属性の方がマイレージ会員のなかでどれくらいの規模か、も解き明かせるといいと思っています。「Journey+」自体も企画を立ち上げ中ですし、わたしたちのシステムもプロトタイプなので実験をしながら一緒に成長していきたいですね。

津田:一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件実はANAが提供するマイレージプログラムだけでは捕捉しきれていないブラックボックスの部分が多いんです。航空需要は大きく分けて3つあると言われています。ひとつ目はビジネスです。営業がクライアント先に伺うことや本社のメンバーが支社に行くなど、その動向を読みやすい。ふたつ目は「VFR(Visit Friends and Relatives)」と呼ばれるもの。旅行ではないものの目的のある移動です。冠婚葬祭、帰省、友達に会いに行くなどがあります。これも傾向は読みやすい。

難しいのは3つ目の「旅行」です。頻度が高くなく、マイレージ会員に入っている比率も低い。現状ですと、マイレージの顧客管理のなかで旅行セグメントをカヴァーできていません。そこを分析するツールにトライしていますが、まだ優れたアプローチを見つけられていないのが現状です。「Journey+」で分析のトライアルをして、マイレージプログラムのなかで大規模に活用していけるとよいなと考えています。

  • s__mg_6956
    1/3千葉市美浜区の幕張メッセで開催された「CEATEC 2019」の会場近くで取材は行われた。ANAは「アバター社会インフラ」のデモ展示を行ない、「Society 5.0 TOWN」賞を受賞した。
  • s__mg_6983
    2/3ANAが開発するコミュニケーション型アバター「newme(ニューミー)」。
  • s__mg_6993
    3/3人間のプレゼンスを伝えるために、ANAはハプティクス(触覚)技術の研究にも取り組んでいる。

新規事業部門、その協業のコツ

──そもそも「Journey+」での協業に至った経緯についても聞かせていただけますか。

津田:札幌で開催しているクリエイティヴ・コンヴェンション「NoMaps」で会ったのが、最初でしたよね? ちょうど1年前だったと思います。北海道は稚内で、サクラマスの陸上養殖を始めたい方向けにAIや画像認識でサポートしている会社があるので「面白いな」と思っていたら、それがオラクルだったんです。

七尾:もしかすると最初は養殖の会社だと思われたかもしれませんね(笑)

津田:もちろん名前は知っていましたからね! でも、オラクルはこういう会社なのかと驚いたんです。

七尾:稚内は水産加工業が盛んであったので、倉庫やポンプの新しい活用先を探していたんです。養殖はずっと見ていなければいけないので、それは人間ではなく画像データを使って、AIによる解析ができるとよいだろうと。地域の企業や研究所と共同で実証実験に取り組んでいる段階ですね。

津田:その後、日本オラクルの外苑前オフィスにメンバーを連れて遊びにいったら、七尾さんがDX推進室の室長になったんですよね。「イノヴェイションを起こそう!」と箱だけつくり、そのあとに「何しよう」となる大企業が多いなかで、七尾さんのように最初から面白い動きをしている方がトップなら間違いないな、と思ったんですよね。

七尾:一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件デジタルデザインラボのプロジェクトをいくつか紹介いただき、パートナーがすでにいるプロジェクトではなく、新たに始める「Journey+」をご一緒させてもらうことになったんです。

──大企業の新規事業同士の協業というかたちだと思いますが、進めるためのコツはありますか。

津田:一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件このようなかたちで協業できるのは珍しいことだと思います。わたしがデジタルデザインラボを立ち上げたときにも、さまざまな大企業の方がご挨拶に来てくれましたが、その後の取り組みには至りませんでした。やはり大企業同士だと、先が見えないなかで失敗してもいいからやってみる、と動ける人はいないですね。概念実証(Proof of Concept)のフェーズでは、大企業とは組みにくいですね。

七尾:確かにビジネスの根っこをつくる部分は、自然とスタートアップの方とご一緒することが多いですね。わたしたちが手がける認知症の予防検知プロジェクトも、スタートアップの方とご一緒しています。

津田:それに会社のなかで動きをつくれる人でないと難しいですよね。現場では「いいですね!」と言っていても、ほかのセクションを動かせなかったり。会社から任されている人でないと協業は難しいな、と思います。その点、今回の「Journey+」での取り組みは七尾さんとご一緒できてよかったです。

七尾:まだプロトタイプの段階ですが、より大きな事業に育てていきたいですね。今後ともよろしくお願いします。

SHARE