一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件

「ラディカルさ」から「内面」へと向かう、Z世代のミュージシャンたち

ミレニアル世代のアーティストたちは実験とマキシマリズムを音楽一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件に取り入れてきた。その一方でZ世代のアーティストは、サウンドを構成するパラメーターのなかに美しさを見出している。その音楽からは「いまいる場所への満足」が感じられるのだ。

Cuco performs in concert

Cuco名義で活動する21歳のチルウェイヴアーティスト、オマール・バノス。XAVI TORRENT/WIREIMAGE/GETTY IMAGES

Cucoというアーティスト名で活動する21歳のチルウェイヴアーティストのは、9月にリリースしたMVで、マインドを拡張するスピリチュアルな旅に出た。

地元のスーパーマーケット「Super A Foods」の駐車場にいた彼がLSDでトリップすると、そこは空席が目立つ「Los Candiles Night Club」。ふたりの女性がビンゴに似た昔ながらのメキシコの宝くじゲーム「ロテリア」で遊んでいる。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件Cucoが最後にたどり着くのは、エデンの園のような公園「エクスポジション・パーク」だ。真っ白な衣装に身を包んだ男女がずらりと並び、最後の晩餐の使徒たちのように座り、やけに愛想のいい悪魔と食事をともにする。幻覚で朦朧としたへべれけ状態のCucoは、こうしたシーンが繰り広げられるのを満面の笑みで眺めている。クラクラと陶酔し、幸福感に満ち溢れる。完全にラリっているのだ。

独特な「場所の感覚」

このヴィデオを観て、Cucoの独特な「場所の感覚(sense of place)」に強い感銘を受けた。音楽とヴィデオの両方に、内面性や拠りどころに対する深い理解が表れている。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件パウダーブルー色のローライダーの車内で、Cucoはこの曲で共演しているSuscat0とLSDをキメる。ロサンジェルスのサイプレス・パーク近くにある「Los Candiles Night Club」ではドラァグのパフォーマンスが行われており、「Bienviendos(スペイン語で“ようこそ”の意)」と書かれたネオンサインが光っている。

さらにソーシャルメディアでとしてふざけた動画を発信するKing Fooが、Cucoの心の声を表す存在として登場する。ステージで歌ったらフレーミン・ホットチートス(スナック菓子)を1袋やる、と約束したかと思えば、後半では目出し帽と赤いピエロの鼻をつけてエクスポジション・パークに現れる。

こうしたレファレンスは、チョロ(メキシコ系アメリカ人のギャングを指す隠語)にインスパイアされたファッションにいたるまで、どれも間違いなく激しく西海岸的だ。そして繋ぎ合わされたシーンの数々は、当惑させると同時に、とてつもなくありふれたものとして見る人の目に映るだろう。

構造に対する冷静さ

Cucoは、、ロサンジェルスのダウンタウン南西部にある郊外の街、ホーソンで育った。2019年7月にリリースされたメジャーデビューアルバム『Para Mi』は、クラクラするような遊び心たっぷりのサイケデリックポップで、「Keeping Tabs」もここに収録されている。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件収録曲のほとんどに漂うのは、ゆったりと気だるい雰囲気。しかし、特徴的なフレーズを繰り返すことで、彼の曲の多くには偽りのない痛みが満ちていく。失恋の辛さと、恋い焦がれる想いというテーマが、アルバムの大きな柱になっている。

21歳の歌い手にとって、若いころの恋愛といえばほぼこのふたつなのだろう。アルバム収録曲「Bossa No S」で、彼はこう歌う。「I’m pretty sure I hate you, I’m pretty sure I love you(絶対そうだ、ぼくはきみが大嫌いだ/絶対そうだ、ぼくはきみを愛してるんだ)」

Cucoの曲のほとんどはコズミックで鮮やかだが、そのムードはさまざまに揺れ動いている。悲しみに襲われることもあれば、ユーモラスでもあり、何かを探し求めてもいる(彼はいつでも愛やドラッグ、あるいは何らかのかたちでの気づきを求めている)。しかし、自分がどこにいるのか見失うことは決してない。つまり、Cuco自身も、自分の音楽を拠りどころにしているのだ。

これは深い気づきのように思えるが、それ以上のものもある。つまりそこには、バランスのとれた自己の姿があるのだ。これは、ジェネレーションZの優れたアーティストたちに共通する特徴である。オールドスクールな魅力を放つノーマニや、突然変異のような奇妙なポップを繰り広げるビリー・アイリッシュ、ニューヨークの冷たいリアリズムを歌うラッパーPop Smokeまで、その作品には一様にこうした特徴が見られる。

ミレニアルサウンドの終わりを定義したアーティストたちは、構造に対して冷静でいることでそれを強調している。その音楽は、急降下したり、何かを回避したり、あらゆる方向に逸脱して、これまでに聞いたことのあるどんな音楽にも負けないほどの異質な要素を含んでいる。豊かで、でもまったく説明がつかない力に溢れているのだ。

「移動」の概念が揺らぐ現代に見出された音楽

現在勢いのある、とりわけSoundCloudに集まるラッパーたちは、断片化されたものをつなぎ合わせるという新たな美学をつくり上げた。ダークでアンビエントなサウンドをつなぎ合わせて、形式化された枠組みから脱却している。これはリル・ウージー・ヴァートやトラヴィス・スコットの、キャリア初期の狂躁的な作品にも見られたものだ。

ジャネール・モネイやLizzo、Ty Dolla $ignは、ポップ・ソウル・R&Bをかけ合わせるパイプ役のエキスパートとなった。ドレイクは『More Life』や『Scorpion』でそのスキルを見せつけ、ストリーミング時代の実験音楽をつくり上げた。どちらも世界中から溢れるインスピレーションを、嬉々として取り込んだ作品だ。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件ミレニアル世代のサウンドの場合はせいぜい、たわむれに逃避や実験をしてみる程度だ(フランク・オーシャン、チャイルディッシュ・ガンビーノ)。また、ミレニアル世代のほとんどのアーティストは、臆面なくどんどん足し算していくマキシマリズム的なテイストをもっている(アリアナ・グランデ、リアーナ)。現在もなお、その音楽は「動くこと」に縛られている。じっとしていられず、平静なままでいることを拒否しているのだ。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件移民を巡る議論が米国の政治的関心の中心となり、この問題が近く解決されるとは思えないこの時代、「移動」という概念について世論が紛糾している。そんななか、Z世代のアーティストはこれまでと異なり、クリエイティヴにバランスを保ち、動かずにそこに留まり続けることのなかに力を見出す音楽をつくることにした。

「パラメーター」のなかでの動き

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件だからといって、Z世代の音楽が聴く人の心を動かさないということではない(もちろん動かしている)。ただ、その背後にラディカルな衝動があるようには見えないだけだ。ジャンルの境界線を曖昧にさせたり、アーティストとしての障壁を突破しようと競い合ったりすることもない。自分がいま居る場所に満足しているように見える。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件その最たる例がノーマニ(と、彼女ほど顕著ではないが同じくZ世代のアーティストの)だろう。その作品はどれも2000年代初頭へ逆行しており、モダンR&Bを古典として仰ぐものになっている。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件話題を呼んでいるシングルのMVでの彼女は、アシャンティや、デスティニーズ・チャイルド、リル・モーらが完成させたサウンドの輝ける化身のようであり、ソーシャルメディアがわたしたちの生活を支配する以前の時代を思い起こさせる。ただし彼女は、気がついたらこの強烈な系譜を受け継ぐ存在となっていたにも関わらず、それを重荷に感じてはいないようだ。

Cucoやビリー・アイリッシュのように、ノーマニも先人たちのサウンドを完全につくり変えようとはしていないのが賢いところだろう。彼女はただ、サウンドを構成するパラメーターのなかで動きながら、そのサウンドを自分のものにしている。自分の存在、そしてアートというものの確かさを理解しているのだ。

ひっそりと消えたラディカルさ

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件Cucoの音楽を聴いていると、一見シンプルながら、次々と感情が打ち明けられていくこのような音楽は、これまで聴いたことがないように思えてくる。そこにはユーモアがある。悲しみがある。温かさがある。無垢なところがある。

これらを束ね合わせると、感情はより生き生きと立ち上がり、パフォーマンスをしているという印象は薄れる(この点で、Cucoと肩を並べるのがビリー・アイリッシュだ。とはいえ、アイリッシュのほうが不吉なツイストが効いている)。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件Cucoの音楽には楕円のような両義性がある。夢のようにクスリが効いていながら、ときおり見る悪夢でかき混ぜられてしまうのだ。「Ego Death in Thailand」で「The world was ending, it’s so wrong(世界は終わりかけていた、とても間違っていた)」と彼は歌い、歌詞はこう続く。「Take this and fly away / ‘Til the substance numbs the pain(これを飲んで逃げてしまおう/このクスリが痛みを麻痺させるまで)」

いつの時代においても、その時代を代弁する声や音楽が渇望される。Z世代の場合は、そのサウンドからラディカルさがひっそりと消えている。ムードや転調も危険な感じではなく、ダイレクトなものだ(もちろん、Z世代のアーティスト全員がそうではない。ブロックハンプトンやスティーヴ・レイシーは、楽しげにジャンルの境界を打ち破っている)。

ミレニアル世代のアーティストたちが、サウンドとジャンル融合の可能性に夢中になっていたとすれば、Z世代のアーティストたちは、ほとんどがその焦点を内面に向けており、自分自身の可能性にとりつかれている。ただし、内面を見つめるこうした姿勢は、利己的な態度ではないと思う。これは単に時代に語りかけるため、自分たちがいまどこにいて、次にどこへ進むのかを理解するための新たな方法にすぎないのだ。

RELATED

SHARE