一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件

「USB-C」が本領発揮できる環境が、ようやく整ってきた

USB Type-C(USB-C)」が、Androidスマートフォンの上位機種やタブレット端末などへの普及が加速している。アップルの「iPhone」では採用されておらず課題も少なくないが、それでもデータ転送や充電の速さなどの利便性が高く評価されたかたちだ。

USB-C

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件NEIL GODWIN/T3 MAGAZINE/FUTURE/GETTY IMAGES

最近発売されたマイクロソフトの「Surface Pro 7」やアマゾンの「Fire HD 10」、そしてソニーが来年発売する「PlayStation 5」は、どれも大幅に機能や性能を向上させている。これらの新モデルにおいて重要なのは、旧来の機種にはなかった技術を導入した点にある。それは「USB Type-C(USB-C)」だ。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件USB-Cについて知っている人は多いことだろう。Androidスマートフォンの上位機種をもっているなら、すでに使っている可能性が高い。しかし、それ以外の人たちへの普及は進んでいないのが実情だ。

『WIRED』US版をはじめ多くのメディアは、2015年にUSB-Cを「未来のUSBポート」と呼んだ。アップルがエントリーモデルとなる12インチの「MacBook」を発売したときのことだ。いまから4年以上も前の話だが、これはテクノロジーの世界では遠い昔である。実際あまりに月日がたち過ぎて、このMacBookはすでに生産終了になっている。

いまや業界標準に

しかし、USB-Cはようやく正当な居場所を勝ち取った。「USB-Cは、おおむねすべてのパーソナルコンピューティングと接続デヴァイスにおいて、業界の標準仕様になったのです」と、ムーア・インサイツ&ストラテジーの創業者で業界アナリストのパトリック・ムーアヘッドは言う。

ここで「おおむね」と彼が言うのは、いくつかの例外があるからだ。なかでも特に目立つのが「iPhone」である。とはいえ、この点に目をつぶれば、USB-Cポートの搭載が標準になるときがついに訪れたのだ。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件USB-Cの人気上昇の理由は単純で、単にほかより優れているからだ。双方向からの充電が可能で、例えばノートパソコンを使ってスマートフォンの充電をすることもできる。最大出力は18ワットで充電スピードが速く、充電ゼロの状態から80パーセントに達するまでの所要時間はわずか1時間だ。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件さらに毎秒最大10GBの超高速データ送信が可能となっている。インテルのデータ伝送技術「Thunderbolt」をベースとする次世代規格「USB4」が普及すれば、将来的にはさらなる高速化が望めるだろう。外部ディスプレイに映像を出力することもできるのだ。しかもリヴァーシブル仕様になっており、プラグを差し込む向きを変えることで双方向に出力できる。

独自仕様や不完全なスペックという課題

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件それでも道のりは険しい。USB-Cの万能さが常に発揮されるわけではないからだ。

充電を例に挙げよう。USBプロトコルの管理団体であるUSBインプリメンターズ・フォーラム(USB-IF)が充電に関する基準を定めているにもかかわらず、メーカー各社は並行して独自の仕様を自社製品に適用している。クアルコムの「Quick Charge」やサムスンの「Adaptive Fast Charging」といった急速充電機能がこれに当たる。

結果的に業界全体がまったく先の読めない状態にある。そのうえサードパーティー製のケーブルにまで話が及ぶと、さらに収拾が付かなくなる。これについては情報サイト「Android Authority」が、詳細な記事を19年初めに。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件充電に必要なコンポーネントがすべて同等のスペックを備えていない場合、何が起きるのか。充電はできるだろうが、宣伝通りの速度は出せないかもしれない。極端な例だが、三流品のケーブルを使ったばかりに特定のタスクに電力が集中して、デヴァイスが丸焦げになる可能性さえあるのだ。

足並みが揃わない標準仕様

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件状況は徐々に改善されているが、それでも問題はある。現状を正確に知るには、製品に同梱されてくるUSB-Cケーブルをしばらく使ってみるのがいちばんだ。手持ちのケーブルを買い替えたいなら、同じメーカーから直接手に入れるか、正規品を「Amazon」や「Monoprice」といった定評あるオンラインストアで購入することをお勧めする。

この問題についてはUSB-IFも認識している。「USB-Cが業界の主流になりつつあった初期のころには、産みの苦しみとも言うべき数々の困難やOEM製品の使用に関する見解の相違が確かにありました」と、USB-IFの担当者は『WIRED』US版の取材に回答している。「しかし、USB-C対応製品とUSBによる充電方式の普及がさらに進めば、メーカー各社も市場の流れに乗って仕様の統一に向かうだろうとわれわれは見ています」

別の言い方をすれば、結局のところ不満の声が大きくなれば、揉めごとも自然に解決に向かうということなのだろう。USB-IFが全メーカーに同じ行動をとるように強制することはできない。だが、最初にもっと足並みを揃えることはできたはずだ。

『WIRED』US版への回答のなかでUSB-IFは、問題解決の成功例として「USB Audio Device Class 3.0」の仕様を挙げている。だがこれは同時に、この問題がいかに厄介だったかを示す事例でもある。

初期のころ、USB-Cを採用したヘッドフォン製品には標準で共通の仕様は存在していなかった。実際、特定のブランドのスマートフォンでしか使えないUSB-Cイヤフォンを販売しているメーカーもあったのだ。現在のように規格が統一されたのは快挙だが、最初からそうであればもっとよかっただろう。

それでも勢いを増すUSB-C

だが、こうした混乱をものともせず、USB-Cは勢いを増し続けてきた。「これから先、USB-Aポートだけが付いていてUSB-Cが使えない製品を目にすることはなくなるでしょう。いまが移行期なのです」と、調査会社のIHSマークイットでパワーサプライ分野の主席アナリストを務めるディネシュ・キサニーは言う。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件Fire HD、Surface Pro 7、PS5を見れば、おのずとわかるだろう。混乱が完全に収まっていなくても、小型化、汎用性、高スピード、高速充電など、欠点を補って余りある長所がUSB-Cにはあるのだ。

「USB-Cに関しては、行き当たりばったりなところも当初はありました。しかし、いまはもうデヴァイスにUSB-Cポートが付いていれば動作するはず、と考えて問題ありません」と、ムーアヘッドは言う。「最高レヴェルのパワーと機能が期待できるかは微妙なところですが、そうした懸念がUSB-Cの普及を妨げることも、その便利さを見劣りさせることもないはずです」

これについては、いくつか注釈が必要だろう。アップルは初期のMacBookシリーズで積極的にUSB-Cを採用して以来、「iPad Pro」でも同様の姿勢をとってきた。ところが、iPhoneシリーズでは様子見を続けている。ほかの例としては自動車業界も、理由は異なるものの同じ状況だ。

鍵を握るアップルの思惑

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件アップルの場合、USB-Cの採用をためらうにはそれなりの理由がある。USB-Cの互換性が、パーティーゲーム「ツイスター」の終盤よりもさらにこんがらがった状態である限り、アップルが掲げてきた「とにかくちゃんと動く(it just works)」というスローガンに泥を塗ることになるからだ。

USB-Cの使用感は、いまもどちらかといえば「使えるものの必ずしも期待通りに動いてくれるとは限らない」といったものだ。アップルは7年前にLightningケーブルを導入し、USB-Cと同様の省スペースと双方向送信のメリットをすでに享受している。そしてLightningはこの7年で、周辺機器を含むひとつの広大なエコシステムを形成するまでになった。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件アップルがここから一足飛びにUSB-Cへと移行すれば、これらがすべて廃棄場送りになってしまう。もちろんアップルは過去にもそんなことで立ち止まったりしていない。Lightningケーブルへの移行時には、各地のホテルの客室に設置された無数の30ピンコネクター付きスピーカーや目覚まし時計が一斉に廃棄処分になった。

アップルがスマートフォンの仕様を変えるのではないか、との噂も絶えない。だがいまのところ、iPhoneには依然としてUSB-Cポートが付いていない。アップルにこの件に対してコメントしなかった。

「2015年の未来」がようやく現実に

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件一方、自動車業界の言い分は単純明快だ。クルマは数万ドルもする製品なのだから、物事を変えるのがややゆっくりしたペースになるのは当然だろう。

「ほかの要因もあるでしょうが、自動車業界はアップルの様子を見てUSB-Cに手を出さずにいるのかもしれません。理由はたくさんあるはずです」と、IHSマークイットのキサニーは言う。「クルマに設置できるUSBポートの数は、せいぜいひとつかふたつです。それに自動車の買い替えサイクルは5年から6年なので、ひとつの技術を取り入れて市場に出すには長い時間が必要になります」

それでも希望は大いにある。アップルの最新型「MacBook Pro」は、「Thunderbolt 3」との互換性をもつUSB-Cポートを最大4つ備えている。USB-Cポートは18年秋モデルのiPad Proに新たに搭載され、復活を遂げた「MacBook Air」にも採用された。

一比分直播,竞猜网站,比赛竞猜软件考えてみれば、どちらも生産性が重視されるデヴァイスなのだから、USB-Cの優れた映像出力やデータ伝送速度が評価されるのも当然だろう。プラスの要素がマイナス面を上回る、というわけだ。それがiPhoneとなればどうだろう。それほどのプラス要素はないかもしれない。少なくともいまのところは。

おそらく喜んでいいことなのだろうが、USB-CはiPhoneの力を借りなくても真価を示すことができた。メーカー各社が一糸乱れず決められたルールのなかで同じ基準を守ってきただけに、改善すべき点はまだいくつもある。

それでも2015年にUSB-Cが見せてくれた未来図は、ほとんど現実のものになっている。USB-Cはついに現代のUSBポートの標準仕様になったのだ。ここから先の展開は早いに違いない。

RELATED

SHARE